お腹周りに自信がないキャバクラ嬢が選ぶべきドレス


女の子ですから、ある程度の年齢になれば体が丸みを帯びてくるのは当たり前。
腰回りもそうですけど、お腹周りにも少しお肉がつくこともあるでしょう。
それでも、キャバクラ嬢として働く時には、できるだけそのお腹周りを目立たせないようにしたいところ。

ちょっと自信のない体型を隠すためには、ドレスで工夫するしかありません。
ドレスの形状としては、ペプラムやハイウエストあたりを選ぶといいでしょう。
ペプラムは、ウエストやウエスト上あたりから下の部分に広がりを持たせている形状になっています。
広がった先にはフリフリがついている形が主流なので、お腹周りがポコッとしていても完全に隠すことができますよ。

ハイウエストも、胸の下あたりをキュッと締める形状になっていますから、そこからふんわりと広がるようなドレスを選べば、お腹周りも気にする必要はないでしょう。

年齢がまだまだ若いならペプラムの方が着やすいかもしれません。
かわいいデザインが多いですし、男性ウケもとてもいいです。
ある程度の年齢の女性であればハイウエストを選んでみましょう。

ストンと落ちたロングスカートのドレスであれば、お腹から下の体型を隠しつつも、大人の女性の色気を演出する効果も狙うことができますよ。

無理をしてタイトなキャバドレスを選ばないこと


ドレスを選ぶ時の注意点は、可愛いとか見た目だけで選ばないことですね。
ペプラムやハイウエストのタイプのドレスにも種類はいろいろあるので、一度着てみてから選んでもらいたいんですけど、その時にも無理をしないことが大切です。
もし着てみて「ちょっと苦しい」と感じたら、もう少しゆとりのあるドレスを選んでください。

ペプラムはお腹は隠せるけれども、スカートがとてもタイトで締め付けられてしまうタイプのドレスも少なくありません。
ハイウエストのドレスも、胸の下あたりを締め付けるタイプのものがありますから、「なんとか着られる」ではなく、「これならゆったり」と感じられるものを選ぶことをおすすめします。

キャバクラ派遣が未経験の女の子だと1度の勤務でどのくらい動いて、どのくらい飲んで、ということが把握できていません。
タイトなドレスを着ていって途中で苦しくなったら大変。
できるだけ余裕のあるドレスを選んでおけば、そんな非常事態になってしまうこともないでしょう。